メインイメージ画像

マンション経営を検討してはいかがでしょうか

マンション経営を検討してはいかがでしょうか。長期に渡って継続している経済不況のせいで、本業での収入源がいつ減るかもわからず、まして給与がアップすることはほぼ考えられないでしょう。将来の年金もあてにならない社会情勢に入っていますので、マンション投資を利用してセーフティネットにするのはいかがでしょうか。投資先の不動産からは安定して賃料が入りますし、いざとなれば売却することもできます。経済的な豊かさを得るために一度情報収集をしてみてはいがかでしょう。

不動産投資をサイドビジネスで始める人が多くなってきました。依然継続する景気低迷で、本業とは別に収入が必要な人にしてみれば、基本的に不労所得で安定性も確保できる不動産投資は丁度良いからと考えられます。その上、デフレ経済下で比較的少ない金額でも投資先の物件を購入しやすいということも追い風として有利になっているのです。不動産投資を始めたら、税務申告する必要が生じますが、その時、不動産投資の経費を申告することで節税効果もあります。本業で控除された所得税も戻ってくるので、色んな面でお得と言えますね。

イメージ画像

不動産投資のセミナーに参加してみると良いでしょう。最近はネットや不動産会社で多くの情報を取得できますが、不動産投資をやったことがない人にとっては、何を信じたらよいか混乱するのが普通です。なので、いきなり不動産投資を行うのではなく、基本的な金融知識や最近の業界の動向などを頭に入れることが第一歩です。セミナーで講演を聞けば、投資に関する情報を聞くことができ、同じ目標を持つ人との交流ができますので、疑問を解消するのに効果的なチャンスですね。

不動産投資で節税をする仕組みを簡単に説明しますね。まず、所得税は所得額について課せられます。所得というのは、収益から経費を差し引いた額ですが、この場合は、経費に含める費用として不動産投資に関するコストが認定されているわけです。固定資産税・都市計画税、修繕費、火災保険料、仲介料、広告費、減価償却費、銀行借入の利息費用など、不動産投資にかかった費用を収入額から引くことができることから、結果として所得税がカットできるというわけです。

更新情報

Contents